裁判事務・民事訴訟・供託・
成年後見・保佐・補助

〈民事訴訟・裁判事務・成年後見・供託〉

簡易裁判所における民事訴訟代理・裁判事務
簡易裁判所(※訴訟の目的の価額が140万円を超えない事件)における民事訴訟や支払督促手続を代理して行います。また各種申立、答弁書の作成など、裁判所へ提出が必要な書類の作成を行います。

 
家庭裁判所における成年後見制度の利用
認知症のお年寄りの方や知的・精神障害のある方は、法律行為を自ら行うことができず、日常生活に支障をきたす場合があります。こうした人たちを法律面からサポートするのが成年後見制度です。当事務所はこの制度を利用したい方のために一連の手続きをサポートします。

 
供託
供託とは、法律の制度により金銭や有価証券等を国家機関である供託所に提出して、管理を任せ、最終的には その財産を相手に受け取らせることによって、一定の法律上の目的を達成するための制度です。 当事務所では、代理人として一連の手続きをします。

ご依頼の多い具体的な事例

  • ▪賃貸物件の未払賃料請求、物件の明渡請求訴訟及び強制執行申立書類作成
  • ▪消滅時効成立に伴う各種権利の抹消訴訟
  • ▪貸金、過払返還請求訴訟
  • ▪休眠担保の抹消登記に伴う供託
    ※「休眠担保の抹消」とは債権者や債権を主張する者が存在しないであろうことが予測される定型的な事案をいいます。)
  • ▪成年後見申立書類の作成
  • ▪自己破産等各種申立書類の作成

報酬金

内容

報酬

民事事件(訴額140万円以内)報酬

着手金 100,000円(税別)
成功報酬 経済的利益の10%
事件の難易度等により、20%以内で増減することがございます。

答弁書、陳述書の作成(相談~作成)
※期日1回分

20,000円(税別) 事件の難易度等により、50%以内で増減することがございます。

裁判所提出書類の作成、提出の代行

10,000円(税別)+正本1枚4,750円、副本1枚480円(税別)

成年後見申立書類の作成、提出の代行

70,000円(税別)~100,000円(税別)

自己破産申立書類の作成、提出の代行
(債権者1~10名)

150,000円(税別) 事件の難易度等により、20%以内で増減することがございます。

休眠担保の抹消(供託~抹消登記)

50,000円~100,000円(税別)

※手続上に必要な印紙代、郵便切手代、官報公告代、弁済金等は別途必要になります。
※上記に該当しない事件は、個別にご提示させて頂きます。